お気楽自転車生活

ロードバイクやMTBで走ってます!

激坂対策 28Tから30Tへ リアディレイラーRD-6870SSをGS化

斜度12%ぐらいの上り坂になるとケイデンスが50前後まで落ちいつも苦しい思いをしているのでその対策のためスプロケを11-28Tから11-30Tに変更する事を決意。コンパクトクランクも検討したけど今の52-36の平地での掛かりの良さを捨てたくないのでスプロケを変更する事で対処した。F34R28(1.21)もF36R30(1.2)のギア比は対して差がなかったのが決め手となった。F36R28だとギア比は1.29です。

しかしながら使用しているリアディレイラーでは30Tは対応していないので、ケージを伸ばししてあげる必要があります。という事でロンケージをAmazonでポチリ。

ディレイラーは触った事がなかったので手こずるかなと思いましたが、特にエラーもなく無事取り付け完了。ケージが長くなりスプロケも巨大化するので不格好になるかと心配しましたがいつもどおりのカッコよさで一安心。

f:id:tanuking5:20181030080524j:plain

交換した結果としては、12%ほどの斜度で今までよりも高いケイデンス(と言っても60ぐらいですが)を維持できるようになったので上りが楽になりました。ケイデンスが低いとどうしても思いっきり踏み込むペダリングになりがちだったのですが、ケイデンスが上がると楽に回せるので疲労感に差がでますね。上りでケイデンスが40台、50台前半ならスプロケットを変更してみると良いかと。シフトがモタツクかなと思ったりしてたのですがDi2の恩恵かどうかわかりませんが特に遅いと感じることもなくスムーズにシフトが変わります。

リアディレイラー自体を変更する事も一考したのですが、Di2のためディレイラー本体の価格が高いので安上がりで済むケージを購入しました。ケージだけだと2千円台で済みますのであとはアルテグラスプロケとチェーンを交換しても12,000円ほどに収まりました。

交換手順はチェーンを切り、ディレイラーを取り外し(ワイヤー又は配線も)ケージを交換スプリングの固定の穴の位置が2箇所あるのですが、本来ならどこで固定されていたか確認するべきなのですが自分の場合はネジを緩めたらスプリングもビヨンと取れてしまったので、どこに付いていたのかわからなかったのですが、こういう場合はスプリンを強く張れる位置に取り付ければ問題ないだろうと遠い方の穴へ入れました。

スプロケが大きくなるのでチェーンの長さも変わるので、ワイズロードさんの解説がとてもわかりやすかったのでそちらを参考にアウターローで長さを調整しました。

ysroad.co.jp

で、取り付けたら最後にチェーン詰まりの調整をして作業終了。ケージ交換等もシマノのマニュアルに記載されているのでそちらを見ながらやるとスムーズにできますよ。