お気楽自転車生活

ロードバイクやMTBで走ってます!

クランク長を短くしてみた。

ことの発端は固定ローラー専用機のアレースポーツを購入したことでアレーのクランク長は170mmとメイン機のTARMACのクランク長172.5mmと比べると短いのです。

アレーを購入する時にジオメトリーばかり気にしていてクランク長なんて全く気にも止めずフレームサイズが同じならクランク長なんて同じだろうと思っていたらSORAには172.5mmなんていう設定すらなかった。兎に角値段が安いで購入を決めたアレーのクランク長を変えるだけのために105以上のグレードのコンポにするのも勿体無いので仕方なく170mmクランクで練習していたのですが、これがなかなかしっくりくるもんで休日に172.5mmクランクのTARMACに乗ってみるとどうもペダルが回しにくく感じたり内転筋あたりの筋肉が痛かったりなので・・・まぁ1時間も乗ってれば慣れてくるので別にいいかなと思ったりもしたのですが翌日にアレーで170mmクランクを回してみると凄く回しやすく感じてしまうわけで自分には短いクランクがあっているのかもと思うようになり思い切って今回クランクを短くしてみました。因みに自分は身長175cmで股下は多分79cmぐらいと短足です。

パワーメーター付きクランクのクランク長を変えるというのはおいそれと出来ないもので、自分はパイオニアのパワメを使用していますが使用しているクランクからパワメを取り外し他のクランクに取り付けることができません。クランク長を変えるということは新たにパワメも購入しなくてはならず…現在使用しているクランクは左右の基盤を交換したばかりなので中古で売ってもそこそこな値段になってくれるだろうと踏んで交換を決意しました。

TARMACにはアルテグラのクランクに両側パイオニアのペダリングセンサーを装着しており、折角クランクを交換するのだから同じクランクを組むのも何だかなということでグレードを上げてデュラエースのクランク FC-R9100 52-36 170mmを選択しパワメは両側入れるとなるとかなり高額になるので片側のみとしました。シマノのパワーメーターという選択肢もあったのですが、なかなか評判が悪い事もありますし、パイオニアのパワーメーターは過去に2度故障したのですが修理対応が迅速だったこともありパイオニアを選択しました。

さて、クランク長を短くしたインプレですが、乗り始めてみるとやはりローラーで回していた時のように回しやすく楽に感じます。楽に感じるというのは股関節の動きがいつもより小さく前ほど腿上げを意識しなくて良くなったかなと思います。

クランクを短くすると平均ケイデンスが上がるんじゃないかと言われてたのですが、いつもと変わらず平均79rpmでした。相変わらずケイデンスは低いなぁ…いつもより早く回っていたような気がしたのですがーー まだ2回しか走っていない上に登りばかりだったからかな…

ちょっと以外だったのがダンシングのしやすさで、いつもよりムラ無くスムーズに回せる感じ。登りはシッティングよりもダンシングで行ったほうがスイスイ登れて気持ちよかったな~。

あとスプリントは日頃の練習の成果かもですがマックスパワーも更新!844wから912wに!5sec powerだと794wから861wに。中学生の時50m走なんていつもビリから2、3番目ぐらいの運動音痴だったのでこういう神経系?が使われるスプリントがこんなにアップするとは思わず‥いつか1000w出せたらいいな~なんて思っていたので目標に一歩近づきました。おっさんになって運動を始めてもコツコツやってれば力が付くもんなんですね。回していた時は思いっきり踏み込む感じではなくスムーズにグルグル回せていたと思うのでやはりクランクを短くして正解だったかも。感想が回しやすいばっかりだな…w

せっかくパイオニアのパワーメーターを使っているのでペダリング効率がどうなったかなー?と気になったので過去のデーター等を見てみると…

f:id:tanuking5:20180305214018p:plain

うーんペダリング効率はあまり変わってないかも・・・ これはもうちょっと走ってみてからだったかな…170mmクランクのパワメが左側のみという事で過去のペダリング効率も左側のみを拾ってます。回しやすいとペダリング効率が良いというのはまた別の話なのかな?

表にしてみると実走少なっw冬はローラーばかりになっちゃいますよねぇ。

かなりお金が掛かってしまったけど結果は大満足なクランク交換でした!ペダリングしにくかったり、股関節あたりに違和感を感じる人はクランク長を変えるのも良いかもですね。股関節の可動域を広げるのが一番いいのでしょうが歳取るとどうも体が固くてね・・・そこは機材でカバーって事で。