養分日記

株で養分になった管理人ロードバイク日記

MICHELIN POWER Enduranceを使ってみた。

ここ数か月の間、平日の練習は夜に走っている。

朝に強ければ朝練なんだろうけども、どうしても早起きができない。

休みの日は早起きできるのにね!!

まぁ、夜に走っている以上パンクやメカトラブルは避けたいところ!

そんなわけで少しでもパンクリスクを減らすためにMICHELIN POWER コンペティションからエンデュランスに変更することにしました。

今回もサイズは700x25C

f:id:tanuking5:20161118201229j:plain

デザインはコンペティションの方がかっこいいですね。

コンペティションから15g重量増の230g(25c) / 23cは220g

色付きを選ぶと重量が5g増えるみたいです。

問答無用でブラックを選択。

取り付け

ミシュランのタイヤはやっぱり固いと思う。サイドをよく揉まないと指で嵌めれないです。パナレーサーぐらい楽に装着できるといいなぁ~

嵌めにくいって事はサイドウォールが固いという事でしょう。(多分)

トレッド面はかなり厚みがあるような。サイドは気持ち厚いかなといった感じ。

コンペティションはペラペラだったんで、これなら大丈夫そう。

エンデュランス 700x 25c 1000km走行後インプレ

コンペティションからエンデュランスに変更直後は流石に「重い」と感じました。

漕ぎ出しも若干重いし、タイヤの回転も重く感じましたが、1日乗れば気にならなくなりました(笑)

乗り心地はなかなか良いです。空気圧は6.5barで使用していますが、小さい段差を越える時にたまにフワッとする時があるのですが、その時の感覚が気持ちいいです。アスファルトのひび割れの振動も上手く吸収してくれる感じですね。

転がり抵抗に関してはコンペティションが良すぎるので、エンデュランスに変えた時のギャップが大きかったので重いなぁと感じましたが、MAVICのキシリウム等に付いてくる純正タイヤと然程変わらないのではないかなという印象です。

コーナーリングは、激しく攻めたりしないのでインプレしにくいですが、下りでも特に怖いと思うような事はなく、思ったようなラインを気持ちよくトレースできたのでグリップも問題なさそうです。

一番大事な?タイヤの減り具合ですが、1000kmぐらいじゃよくわからないですね。
2000kmほど走ればはっきりしてくると思うので後日追記しますね。

いつも3000kmぐらい走るとパンクして(主にサイドカット)しまうので、今後無事に走りきれるかってのが焦点かもですね。いつも走っている道路はテストにはいいかもですがもうちょっと道をキレイにしてほしいです。先日ボコボコの部分でズルっと滑って転けそうになりましたし。

しかしこのクラスのタイヤとなるとコンチネンタルのGRAND PRIX4000S2がライバルとなるのでミシュラン大好きって方でもないとミシュランは選ばないんじゃないかなと思います。

GP4000S2で走ったこともあるのですが、他のバイクで走ったので比較できないんですよね…同じぐらいのランクだったらいいのですがホイールの差がありすぎたので。

もう2000kmほど走ったら次はGP4000S2を履いてみたいと思います。

Michelin - Power Endurance