養分日記

株で養分になった管理人ロードバイク日記

ロードバイクで10kg痩せた話

いやーようやく寒い日々も終わり暖かくなってきましたね!

春といえば、新しい生活がスタートする季節ですよね。

スタートって事で今回は管理人がロードバイクでダイエットを始めたお話です。

ダイエットを始めた理由

当時の管理人は34歳、趣味はネトゲ、お菓子食べまくり、身長175cm体重76kg、この時、体脂肪率は計ってないのでわかりませんが、おそらく26、7%以上は確実にあったはずです。

おなかポッコリしてブヨンブヨンでしたから。

みっともない上に今まで買ってきた服は着られない有様。

この調子だと80kg、90kgになるのは時間の問題と思いダイエットを決意。

とはいっても、この決意はたぶん5回目ぐらい。

30代半ば、ここで痩せれないら一生痩せる機会は来ないと思いダイエットを始めました。

否、どうやってダイエットをしようか考え始めました。

 

ダイエットの手段としてロードバイクを選んだ理由

管理人は足首、膝が悪く体に負担が掛からない運動を探していました。

最初は水泳なんか良いかなーなんて思っていましたが、泳ぐのはあまり好きでもない、というか泳げません!なので却下。

ジョギング等はちょっと走るとすぐに足が痛くなるのでこれも却下。

ネットで色々と調べていたら自転車が体への負担が少なく手軽に有酸素運動できるみたいな情報を発見!

自転車なら俺でも乗れる!

すぐに自転車屋さんに行ってロードバイクを試乗!

ロードバイクは普通の自転車とは比べ物にならないくらい軽く、非力な管理人が乗ってもグッと加速するのにびっくりしてすぐに購入を決意しました。

 

ロードに乗っていても足は痛くないのですが、かわりにお尻が超痛い。割れそうなぐらいに。

速攻でパッド付きのパンツを買いました。

ロードバイクのサドルはクッションもなけりゃサスも付いていないもんで…

f:id:tanuking5:20160308222716j:plain

ロードバイクを買ったけど体力がなさすぎて…

ウキウキ気分でサイクリングロードとか走ってみても30kmぐらい走るともうヘトヘトだし、太ももに乳酸たまりまくりで足は回らないし。

管理人は学生時代は帰宅部、社会人になっても家でゲームしながらゴロゴロしてばっかりだったので、体力が人並み以下だったのです。

ロードバイクはタイヤが細くバランスを取るのも大変で、フラフラしながら走っていました。これは危険。

これでは、道路を走ってる車や自転車、歩行者にも迷惑を掛けてしまうのでまずは真っ直ぐににきちんと走れる練習をするために3本ローラーを買いました。

三本ローラー

超初心者が3本ローラーに乗るのは難しいし、運動音痴っぷりが炸裂して乗れるようにまともに乗れるようになるまで2週間ぐらいかかりましたね。

最初は10分も乗っていたら汗ダラダラになり、体力的もきつく1日10分ぐらいが限界でした。

3本ローラーで練習し始めてから、体重が一気に減り始めました。

詳細な記録はないのですが、たしか76kgあった体重がいつの間にか73kg切っていたので、これには思わずガッツポーズを取りましたね!

短い時間ですが、3本ローラーでコツコツ練習したおかげか、ローラに乗る時間も少しずつ伸び、外で走れる距離も次第に伸びて行き50km,60kmぐらいは乗れるようになりました。

この時は、体重が71kg〜72kgの当たりをウロウロ。

なんとか体重70kgを切りたいと思って、毎日30分はローラーに乗るようにしました。

ミノウラ、エリートのローラー台を使いましたが、お勧めはエリートの負荷付き3本ローラーです。

ミノウラはローラーの音が耐えられませんでした。エリートのプラスチックのローラーはミノウラに比べて静かなのと、いつも同じ負荷でやっているとどうしても飽きてしまうので負荷調整付きがおすすめです。

今はZWIFTをやっているので3本ローラーはやめて固定ローラーオンリーです。

体重が減る喜びは継続に繋がる

ダイエット 何度も挫折している人も多いでしょう。

管理人もその内の一人でした。

ただ、ちょっとした事をポジティブに考えるだけで継続に繋がるのです。

まず運動前に体重を量り、グラム単位で体重を覚えておきましょう。

そして運動後に再び体重を量りましょう。

体型にもよるのですが、管理人の場合、運動前と後では体重が500gぐらい変わります。

運動することによって汗をかき体内の水分が減って体重が減ります。

例えばここで体重が300g減ったならば

「おお〜体重が300g減った!」

と喜びましょう。

運動後に体重が減っているという喜びは継続に繋がりますよ!

「運動すれば体重が少しでも体重が減るんだ」という事も心に刻んでおきましょう!

運動しても水とか飲んだりすれば、まあ体重は元通り。

と言ったりしたら台無しなのですが、要は気の持ちようで、その時減ったという事実と喜びが継続に繋がる。これが大事なのです。

 

体重は朝と夜にきちんと測る

自分の体重が何kgなのかきちんと把握することが大事です。

体重が増えてきても大丈夫です。「運動すれば体重は減ります」からね。

記録を付ける事も効果的です。体重が減っていくグラフほどテンションが上がるものはないですね。

体重が増えていたら体重が減っていった時の事を思い出して頑張りましょう!

体重をいちいち記録するのが面倒くさいって方には、こちらの体重計がおすすめです!

 

www.youbun.me

 

話を戻して管理人が痩せた話

平日はローラーに乗って、休日のライドで80kmぐらい乗ってたら一時期は65kgまで落ちていました。

ただここまで体重(11kg減)が落ちるのに1年近くかかりました。

モチベーションは前述した運動前、運動後の体重差でした。やってて楽しかったです!

食事制限は特にしてなかったですが、スナック菓子は絶対に食べない。ジュースも極力飲まい。炭酸飲料を飲みたくなったら炭酸水を飲んでましたね。

今はご飯はたっぷり食べてジュースは2日に一本ぐらいのんでいますが、スナック菓子だけは絶対に食べないですね。

スナック菓子ダメ。絶対。

おいしいけどね。

ダイエットするなら卒業しましょう。

 

現状ですが、平日は筋トレ、休日にロードに乗って、ご飯ドカ食いで体重67kgあたりをキープしています。

身長175cmちょっと多いかな?と思うのですが、以前よりも筋肉が付いているのでまあいっかなという感じです。

 

ダイエットをするという手段で始めたロードバイクですが、乗っていて楽しいし、素敵な仲間もできたので末永く続けていきたいです。

難消化性デキストリンダイエット

せっかくダイエットの話なので最近、話題?で検索して当ブログに来てくれる方もいるので難消化性デキストリンのお話を。

しばらくダイエットに難消化性デキストリンを摂取していましたが、体重が減るわけでもなくでもなく・・・ま、ご飯をたらふく食べていたのでこれで痩せたら本当に凄いモノだったのでしょうがw

管理人の友人も難消化性デキストリンダイエットを始めたのですが体重の減少はなかったそうです。

体質の関係があるのかもしれませんがやっぱり楽してダイエットってのは難しいですね。

 

食事制限でダイエット

運動せずに痩せようとするなら代表的なのは食事制限ですが、24時間食べたい気持ちを我慢するというのも中々ストレスが溜まるものです。

糖質制限はやりすぎなければ、中々いいんじゃないかなと思いますけどね。

晩ごはんだけお米抜き!とか。

管理人はお米大好きなので我慢できません。ハフハフしながら毎日お米食べたいです!

 

ダイエットをするならやっぱり運動しよう。

毎日我慢するような事をするぐらいなら週に2,3日、40分ほど運動したほうが、精神衛生上良いと思います。

運動すればカロリー消費します。ストレス解消にもなります!

オマケで筋肉量が増え、基礎代謝がアップし痩せやすい体に変身!

でも筋トレなんかキツイ事なんてやりたくないし、外を歩いたり走ったりするのも嫌な人もいるでしょう。

うちの奥さんがまさにそんな人なので、お家でテレビを見ながらできる踏み台昇降運動をするようにエアロビックスステップを買ってみたのですが、一度も使用せず…

全く痩せる気のない人を動かすのは難しいですね…

仕方なく管理人がカールフレイズ(かかと上げ)に使っています。

 

ダイエットの手法は人それぞれだと思うのですが一番大事な事はそれにハマる事です。

夢中になれるスポーツが見つかれば、それがきっと自分の最適解ダイエットですよ!

私の場合はそれがロードバイクだったという話でした。