養分日記

株で養分になった管理人ロードバイク日記

LOOK 675 LIGHT

愛車紹介という名の愛車自慢

LOOK 675 Lightとの出会い

自転車屋さんのブログを見ていたらLOOK695の写真があって、それ見てLOOK695を買おうと思い、LOOKの情報をかき集めていたら、ステムとトップチューブがフラットになっている衝撃的なデザインの675を見つけてしまった。

 

しかしこの「LOOK 675」写真で見る限り、どうもカッコいいとは思えない。

今までのロードバイクでは考えられないようなデザインだったし、値段もくそ高い。
現物を見ずには買えないので、現物を見に岡山から大阪のワイズロードまでフレーム見学に行きました。

完成車はなかったけどフレームを見た瞬間、「かっこよすぎる。買うしかない」と思って、すぐに地元岡山の自転車屋さんで注文したのが、こちらLOOK 675 LIGHT

 

f:id:tanuking5:20160216215106j:plain

 

フレーム:LOOK 675 LIGHT PRO TEAM
コンポ:SHIMANO ULTEGRA Di2
ホイール:MAVIC COSMIC CARBON 40 ELITE
ハンドル:3T TORNOVA TEAM STEALTH
サドル:SELLA ITALIA  SLR TEAM EDITION
ペダル:MAVIC ゼリウム PRO SL Ti
パワーメーター:パイオニア ペダリングモニター

 

最初は初心者の俺がこんな高級ロードなんて買ってもいいんだろうかと思ったけど、買ってよかったです。

好きな自転車で楽しく走るのが1番ですね!

インプレ

フレームで気になる部分と言えば乗り心地とペダルを踏んだ時の感覚、ハンドリングだと思いますので一つ一つ思ったことを書き綴ってみます。

乗り心地

私が初めて購入したロードバイクはCannondaleのシナプスカーボンというバイクだったのですが、これが中々良い乗り心地でというのもシナプスはエンデュランスロードバイクでロングライド向けで荒れた路面でも快適に乗れるように作られたバイクでした。

そんな快適なシナプスからLOOK 675 lightに乗り換え、乗り心地は悪くなるんだろうと覚悟していたのですが意外な事にシナプスよりも乗り心地が良かったのに驚きました。

後で気がついたのですが、同時に購入したコスミックカーボン40エリートも乗り心地の良さに貢献していたようです。キシリウムSLRに交換すると乗り心地が悪くなったもので、リムハイトが高い方が乗り心地が良いとは意外でした。

BB周りの剛性

これもシナプスとの比較になってしまうのですが、シナプスの時は10%以上の坂を登っている時にペダルにグッとトルクを掛けてもあまり前に進むような感じはしなかったのですが、675は踏んだら思ったように前に進んでくれますね。LOOKのフレームはバネ感があるとよく言われていますが、リズムよくダンシングすると何となくそういうバネ感も感じるような気がします。グッとトルクを掛けてポーンて飛ぶみたいな。

CAAD12とかは踏んだらダイレクトに進んでくれるので、そういうフレームと比べるとちょっとBB周りがぼやけるっていう感じもあるのかなと思ったりします。反応を重視する人は他のフレームを選んだほうがいいかもですね。

ハンドリング

割りとクイックな方なのかな?慣れてしまってよくわからなくなってしまいました。

タイヤやホイールで左右される事もあるのではっきりとは言えませんが、アンダーやオーバーが強いわけでもないニュートラルな感じかと。

デザイン重視で購入したのですが、予想外の乗り心地の良さでロングライドした時にはかなり助かりました。特に四国300kmライドの時ですかね。路面が荒れてる部分があったので…